株式会社PRO-SEEDのPROFIBUS

PROFIBUS
  • オープンなフィールドバス・PROFIBUS

    PROFIBUSは1980年代にドイツでSiemens, Bosch, ABB等が共同で開発したフィールドバスです。
    この仕様は1989年にまとまり、ドイツでPROFIBUS普及のための組織・PNOが発足しました。アメリカのリサーチ会社によれば、PROFIBUSは現在世界中で最も普及しているフィールドバスといわれています。
    PROFIBUSには、その仕様目的に応じて最適な使い分けができるように、ファクトリー・オートメーション用としてPROFIBUS DP、プロセス・オートメーション用としてPROFIBUS PAの2種類のバスでファミリーを構成しています。

    (1) PROFIBUSは国際規格IEC61158/61784およびヨーロッパ規格EN50170という公的な規格で認められています。
    (2) 世界で5000万デバイスを越える設置実績を持っています。
    (3) プロフィバス協会の全世界の会員は1400社を越え、それらの会社から2500種類を越える製品・サービスが提供されています。


    PROFIBUSの特長
    (1) スピードが早く、データフレームサイズが大きい
    (2) 通信方式は単純なマスター・スレーブ方式
    (3) FAとPAの両方の分野に対応
    (4) 様々な製品群


    日本プロフィバス協会「PROFIBUSの説明」
    http://www.profibus.jp/what_is/profibus2.htm
    (2016年9月25日)


    PROFIBUSの配線ルール等につきましては、日本プロフィバス協会のHPから無料で資料をダウンロードできますので、ご参照ください。
    http://www.profibus.jp/tech/downld.htm

PROFIBUS DP図
  • PROFIBUS診断機器

    ・ケーブルはツイストペアのプロフィBUSケーブル
    ・必死1.5MBPS 最大12MBPS
    ・トポロジーは基本的にライン構造
    ・終端のノードには必ず、5Vの電圧供給が必要
    ・対応機器メーカーが多い

  • ProfiBUS_DPにてリモートI/Oを増設する

    ・ケーブルはツイストペアのプロフィBUSケーブル
    ・必死1.5MBPS 最大12MBPS
    ・トポロジーは基本的にライン構造
    ・終端のノードには必ず、5Vの電圧供給が必要
    ・対応機器メーカーが多い

  • WEB会員募集 会員様限定のお得情報をご案内!

    無料会員のご登録を頂きました方には、
    当社より会員様限定のお得な情報を
    ご案内させていただきます。