株式会社PRO-SEEDのSIMATIC WinCC in TIA Portal

SIMATIC WinCC 7 in TIA Portal

TIA ポータル SIMATIC WinCC

エンジニアリング効率を最大化するHMIソフトウェア

オートメーションソリューションのライフサイクルで、エンジニアリングコストは全体の50%にもなります。 大幅にコストを削減するには、シンプルで効率的かつ直感的に操作できるツールが必要です。 SIMATIC WinCCはその両方を実現するため、TIAポータルの一部として、 他ツールとの共通インターフェースやデータベース、インテリジェントツールによる自動設定などをサポートし、 コスト削減に寄与します。


 

■Intuitive(簡単操作)
・ポータル画面
 設計者が見たい画面に素早くアクセスできるよう、
 作業フローに基づいたメニューで分かりやすくガイダンス
・プロジェクト画面
 複数の作業ウィンドウを同時に表示しながらオンラインモニター、
 オフライン設計などの操作が可能
・ドラッグ&ドロップ
 タグや画面など様々なオブジェクトがドラッグ&ドロップ可能、
 ドラッグ&ドロップされたオブジェクトは必要項目を自動設定

■Efficient(設計効率化)
・共通開発環境
 TIAポータルのフレームワークとして動作することにより、
 パネルからSCADAまで同一手順でプロジェクトを作成することが可能
・ネットワーク設定
 ネットワーク構成のサービス画面を一本化。異なるネットワークを同一画面上に表示し、
 オンラインのシステム診断も効率化
・データ一元管理
 STEP7と統合すれば、PLCを含めたデータ共有が出来る為、開発工数を大幅に削減可能

■Future Proof(継承性確保)
・ライブラリ
 一度作成されたプロジェクトを容易に他のパネルやSCADAへ変換および再利用が可能
・ユーザー資産継承
 PLC、HMI、ドライブ製品など様々な製品に対応

新たに定義されたHMIエンジニアリング

  • インテリジェントツールによる直感的な操作

    WinCCでは様々なインテリジェントツールが用意されており、直感的に操作することができます。 たとえば単純にPLCタグをHMI画面にドラッグ&ドロップするだけで、プロセス値を表示することができます。 プロセス値を表示するための通信接続、HMIタグ、および画面オブジェクトの作成はシステムが自動で生成します。

     ・直感的な操作を可能にするドラッグ&ドロップ機能
     ・プロジェクト作成を容易にするウィザード機能
     ・テーブル表示によるオートコンプリーション機能
     ・設定時に必要な情報だけを表示するフィルタリング機能

    プロセスタグ(変数)
    プロセスタグ(変数)

     

     

  • 資産の再利用による継承性の確保

    多くの専門知識とコストをかけて作成、実装されたソリューションおよびアプリケーションは、 機械メーカー、エンドユーザ、システムインテグレータにとって最も価値のある資産です。 最小のコストで、資産を再利用することが可能です。

     ・異なるターゲットシステムへのプロジェクト変換
     ・データのインポート/エクスポート
     ・既存プロジェクトのマイグレーション
     ・ライブラリ、フェースプレートによる標準化サポート

    アニメーショングラフィックの設定
    アニメーショングラフィックの設定

    モーションパスの設定
    モーションパスの設定

  • 共通フレームワークによる高い親和性と効率設計

    PLCやドライブの開発ツールと共通フレームワークを使用することにより、ユーザーは短期間でエンジニアリング操作を取得することができます。また共通データベースを使用することにより、PLCプログラム上の変更等は即座にHMIプログラムへ反映されます。

     ・共通データベースによりツール毎の入力が不要
     ・複数ツールにわたる一括したクロスリファレンス
     ・PLC側の診断情報を簡単に表示

    プロジェクト言語の定義
    プロジェクト言語の定義

  • SIMATIC WinCC (TIAポータル) のメリット

  • 概要と特長

    SIMATIC WinCC(TIAポータル)は最新のSIMATICパネルとPCシステム向け統合エンジニアリングシステムです。 PC向けにはシングルユーザーシステムから、クライアント/サーバーのマルチユーザーシステムまで、 幅広く開発することができます。

    WinCC(TIA)ポータルは最新のS7-1500コントローラ間の通信を最適な形でサポートします。 STEP7とWinCCがTIAポータルで統合されるため、S7-1500上のデータをシンボリックアドレスで簡単に参照できます。さらにWinCC(TIAポータル)ではHMIデバイス向けにS7-1500コントローラの新しいアラームと診断コンセプトがサポートされます。
    またSIEMENS以外のコントローラ用のドライバやPCシステム向けにOPC機能も標準装備されています。

拡張性のあるHMI

エンジニア環境および適応範囲

WinCCエンジニアリングソフトウェアはSIMATIC HMIオペレータパネルからSCADAシステムまで 開発可能なツールです。 対象となるデバイスにより複数のエディションが用意されています。 どのエディションも同じフレームワークに基づいており、開発手法は変わりません。 上位ソフトウェアパッケージには、下位パッケージの対象デバイスが含まれています。 パワーパックを使用すると、WinCC Comfortからさらに上位のパッケージにアップグレードすることが可能です。 このためライセンスを無駄にすることなく、必要に応じた開発が可能です。


SIMATIC WinCC Basic
ベーシックパネル用開発ソフトウェア

SIMATIC WinCC Comfort
タッチパネル開発ソフトウェア
ベーシックパネル、モバイルパネル、コンフォートパネルの開発が可能

SIMATIC WinCC Advanced(TIA Portal)
シングルユーザーシステム開発ソフトウェア
WinCC Comfortがサポートする全てのパネルと PCベースのシングルユーザー用プロジェクト開発が可能

SIMATIC WinCC Professional
SCADAシステム開発ソフトウェア
WinCC Advancedがサポートするデバイスすべてとサーバ/クライアント構成の SCADAシステムまで開発が可能。

さまざまなオプション

ランタイムの拡張機能

SIMATICパネルおよびPCベースのHMIソリューションは、マシンやシステムの操作とモニタリングに必要な機能を
実装しています。 さらにアプリケーション特有の機能にはオプションで拡張します。

WinCC Server / WinCC Client
 ・ネットワーク接続されたオートメーションシステムのクライアント/サーバーシステムでの監視と制御


WinCC WebNavigator
 ・インターネット/イントラネット/LANを介した監視および制御 - プロジェクトの変更は不要

WinCC Recipes(旧称:User Archives)
 ・レシピ(相互に関連するマシンデータや生産データ)の管理 - オートメーションシステムへ一括転送

WinCC Logging(旧称:Archiving)
 ・プロセス値とメッセージのアーカイブにより、トレンド表示や過去データの解析を実現

WinCC DataMonitor
 ・インターネット・イントラネット経由で、現在のプロセス状態だけでなく過去データ/メッセージを表示、
 解析、評価、レポート


WinCC Audit
 ・操作の監査記録の実施と電子署名に対応 - FDA基準に準拠

WinCC Sm@rtServer
 ・タッチパネル及びシングルPC用リモート操作オプション


STEP7 V5.5      STEP7 in TIA Portal      WinCC flexible

  • WEB会員募集 会員様限定のお得情報をご案内!

    無料会員のご登録を頂きました方には、
    当社より会員様限定のお得な情報を
    ご案内させていただきます。