株式会社PRO-SEEDのWin CC V7

Win CC V7

SIMATIC WinCC – 基本システム

製造現場の可視化向上
シーメンスのSCADAソフトウェアは、高機能を提供すると共に、ユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴です。拡張性の高いシステムにより、オフィスと製造現場の間の可視性が向上します。 最大18台の二重化サーバ、1つのサーバのつき最大50台までのクライアント、 さらには100台を超えるWebクライアントなどのステムが構築出来ます。 また様々なオプションにより各業界特有のシステムにも対応可能です。

SIMATIC WinCC – 基本システム

  • WinCC システムソフトウェア

    WinCC システムソフトウェアでは、以下の基本タイプをお選びいただけます。


    ・WinCCコンプリートパッケージ
    ( RC:ランタイムおよび開発用ライセンス)
    ・WinCCランタイムパッケージ
    ( RT:ランタイム用ライセンス)


    両パッケージは128、512、2K、8K、64K、100K、150Kおよび256Kタグまでのパワータグを備えています。パワータグとは通信チャネル経由で接続されるコントローラや他のデータソース上のプロセス変数を指し、一つのパワータグから最大32のメッセージを定義することができます。プロセス接続の無いタグは内部タグと呼ばれ、無制限にご使用いただけます。パワーパックとは使用できるパワータグ数を追加するためのパッケージです。このパッケージにより最小のパッケージから開始し、システムの拡張と共にタグ数を増やすことができます。
    同様にアーカイブ用パワーパックによって、アーカイブタグ数を512タグから1500、5K、10K最大で12Kタグまで増やすことができます。

  • SIMATIC Panel PCパッケージ

    SIMATIC Panel PCパッケージはWinCCがプリインストールされている、Panel PC ベースのHMIソリューションパッケージです。

  • SIMATIC Panel PCパッケージ

    パッケージには以下のメリットがあります。


    ・注文が簡単
    ・コンポーネントを個別に購入するよりコストが節約
    ・最適化され、調整済みのハードウェア
    ・システムテスト済みのソリューション

SIMATIC WinCC オプションおよびアドオン

個別用件に対応したソフトウェア拡張
主なSCADA機能はすでにWinCC基本ソフトウェアに含まれますが、WinCCオプションまたは アドオンによって個々のニーズに合わせた拡張を行うことが出来ます。

  • 拡張性

    スケーラビリティ
    WinCC/Server ‒ シングルユーザシステムをクライアント/サーバシステムに拡張するためのオプションです。最大12台の二重化されたサーバと32台のクライアントシステムを構築できます。


    SIMATIC Process Histrian ‒ WinCC V7やWinCC Professional, PCS7などさまざまなオートメーションのデータソース接続し、長期的にデータ保存するためのアーカイブサーバです。


    WinCC/WebNavigator ‒ Microsoft Internet Explorerまた専用のWinCC Web Viewerを使用してインターネット/イントラネット経由でプラントの操作および監視を行えるオプションです。このオプションのためにWinCCプロジェクトを変更する必要はありません。

  • Plant Intelligence

    WinCC/DataMonitor ‒ データベース上にある最新のプロセス状態および履歴データ(測定値、アラーム、ユーザデータ)をインターネット/イントラネット経由で分析、評価、および配布するためのオプションです。必要なクライアントは任意のオフィスPCにインストールできます。また表示および分析用ツールを複数提供します。


    Wincc/ConnectivityPack - Win ccole - DBまたはOPC HDA 経由で他のアプリケーションから直接データベースへアクセスするためのオプションです。またOPC XMLやOPC A&E経由で上位システムへデータ提供することも可能です。ConnectivityStationはWinCCがインストールされていないPCを分析用PCとして設定できます。


    WinCC/IndustrialDataBridge ‒ 標準ソフトウェアを使用して簡単な設定のみで、外部データベース、オフィスアプリケーション、およびITシステムへの接続を可能にするオプションです。


    SIMATIC Information Server ‒ Webベースでも利用可能なMS Reporting ServicesまたはMS Word/Excelを使用し、過去のWinCCデータに基づくレポートや解析をサポートします。

  • 可用性の向上

    WinCC/Redundancy ‒ 互いをモニタリングする二重化WinCCステーションまたはサーバにより、システムの可用性を高め、工場の稼働を安定させ、継続的なデータ取得を可能にするオプションです。

  • SCADA拡張

    WinCC/User Archives ‒ データセット形式でのデータ保存や、レシピやバッチデータをWinCCとコントローラ間で交換することができるオプションです。

  • システム拡張

    WinCC/IndustrialX ‒ ActiveX技術を利用して、WinCC用ユーザ固有オブジェクトを作成するためのオプションです。オブジェクトは標準化され複数使用することができ、中央での一括変更を行うことができます。


    WinCC/ODK ‒ オープンプログラミングインターフェース(CAPI)を利用し、それによりWinCCコンフィグレーション、ランタイムシステムのデータおよび機能にアクセスすることができ、更にはアプリケーション自体を作成することもできるオプションです。


    WinCC/Add-ons ‒ WinCC Add-onはシーメンスの他部門またはサードパーティベンダーにより開発、販売されている製品です。サポートおよびソリューションは各製品サプライヤが担当します。

  • Premium Add-ons

    WinCC Premium Add-onsはSIMATIC製品のテストセンタにおいて、WinCC システムとの適合性が確認されている製品であり、SIMATICホットラインによりサポートされます。以下のカテゴリ製品が用意されています。


    ・接続ドライバ
    ・診断およびメンテナンス
    ・産業に特化した技術ソリューション


    www.siemens.com/simatic-wincc-addons

特長

特長
グローバルソリューション
 ‒あらゆる産業分野に対応するソリューション
 ‒21 CFR Part 11の要件に適合
 ‒世界中で使用可能な多言語機能
 ‒お客様のトータルオートメーション戦略に統合可能
すべてのHMI機能を標準搭載
簡単かつ効率的な設計
ウェブを含む拡張性
オープンスタンダードによる容易な統合
Microsoft SQL Serverを標準装備
Plant Intelligenceによる製造現場の可視化
オプションおよびアドオンによるシステム拡張
Totally Integrated Automation(TIA)コンセプトの一部を構成

  • グローバルソリューション

    WinCCは最初からグローバルでの使用を目的に設計されています。例えばアジア版では日本語を含む4言語で開発でき、開発中に切り替えることも可能です。またランタイム言語は開発環境に依存しません。使用するさまざまな言語を同時に設計し、操作時に切り替えることができます。


    基本システムは特定の技術内容や産業に依存しない設計となっています。さまざまな産業分野、アプリケーション、工場およびメカニカルエンジニアリングで実際に使用されていることが、これを証明しています。医薬品業界でも適切なオプションを組み込むことにより、21 CFR Part 11の要件を満たします。


    WinCCの適用範囲はSIMATICコントローラ、AllenBradleyEthernet IP、Modbus TCP/IP、Mitsubishi Ethernet(MCプロトコル)など重要な通信チャネルと、PROFIBUS/PROFINETおよびOPCなど複数のメーカーにまたがるチャネルがWinCC で提供されます。


    またオープンインターフェース、多彩なオプション、基本システムに含まれるMicrosoft SQL Server がお客様のITとビジネスの統合をサポートします。

  • すべてのHMI 機能を標準搭載

    以下のHMI 機能を標準搭載しています。
    ・プロセスシーケンスおよびステータスを視覚化するためのグラフィック機能
    ・独自のメニュー、ツールバーも作成できるユーザインターフェース
    ・イベントの通知/確認処理
    ・測定値およびメッセージをデータベースに保存
    ・プロセスおよびアーカイブデータのアーカイブ
    ・アクセス権限を含むユーザ管理

  • 簡単かつ効率的な設計

    簡単かつ効率的な設計

    開発やトレーニングに要する時間と労力を大幅に削減する
    以下の機能を搭載しています。
    ・使いやすいオブジェクト指向のグラフィックエディタ
    ・包括的なライブラリ
    ・効率的なモジューラシステム
    ・オンライン設定による迅速な変更
    ・大量データを処理するコンフィグレーションツール
    ・クロスリファレンスリストによる透過性向上

  • ウェブを含む拡張性

    変化し続ける要件を満たすために最も重要なことは、過去の資産を継承しつつシステムを拡張できること、つまりは投資保護になります。WinCCはシングルユーザソリューションから二重化クライアント/サーバシステム、更にはウェブソリューションまで、一貫した拡張性を提供します。

  • オープンスタンダードによる容易な統合

    WinCCは高レベルのオープン性と統合機能を有します。すべての産業または特定の産業向けに特化したActiveXや.Netコントロール、OPCを介した汎用性の高いプロセス通信、データベースへ外部アクセスを可能にするインターフェース(WinCC OLEDBおよびOPC HDA)、統合された標準スクリプト言語(VBScript、ANSI-C)、オープンデベロップメントキット(WinCC ODK)を使用したAPI経由でのデータおよびシステム機能へのアクセス、Visual Basic for Application(VBA)によるグラフィックエディタ機能の拡張など、さまざまな機能を拡張できます。

  • Microsoft SQL Serverを標準装備

    SIMATIC WinCCは標準実装されているMicrosoft SQL Serverによってパワフルかつ拡張性の高いデータアーカイブ機能を提供します。これによりユーザはプロセスおよびイベントのデータ保存、高レベルのデータ圧縮およびバックアップ機能を備えた長期データ保存、更にはアーカイブサーバによる全企業規模の集中的なデータ交換に至るまで対応可能です。

  • Plant Intelligenceによる製造現場の可視化

    Plant Intelligenceはプラント内の情報の透過性を高めることにより、コストの削減、欠陥品発生の回避、製造設備の稼働率を向上させ、最終的に高い効率性と収益性を得るための活動を意味します。高レベルのシステム機能(基本システムの測定値およびメッセージに対する統計機能)、無限のオープン性、標準のアーカイブ機能、多彩なオプションにより、お客様の製造プロセスの透過性を向上させ、正しい決定を下すことができます。

  • オプションおよびアドオンによるシステム拡張

    WinCC基本システムは多様なアプリケーションの中心を成す存在です。オープンプログラミングインターフェース基づき、シーメンスIA部門による多数のオプションやシーメンス他部門およびパートナーによるWinCCプレミアムアドオンが開発されています。これらオプションを利用することにより、さらに拡張性の高いプラント構築が可能です。

技術仕様

SIMATIC WinCC V 7.4 SP1
オペレーティングシステム(OS言語:日本語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、MUI)
シングルまたはクライアント
Windows 7 SP1 (Professional/Enterprise/Ultimate) 32bit/64bit
Windows 8.1  (Professional/Enterprise) 32bit/64bit
Windows 10 (Professional/Enterprise) 64bit
Windows 10 (LTSB 2015/LTSB 2016) 64bit
サーバー
Windows Server 2008 R2 SP1 64bit
Windows Server 2012 R2 64bit
Windows Server 2016 64bit
PCハードウェア必要条件
シングルまたはクライアント
32bit OSの場合:
CPU: Dual Core 3.5 GHz以上 (Core i3 以上)
RAM: 3GB
64bit OSの場合:
CPU: Dual Core 3.5 GHz以上
(Core i3 以上)
RAM: 8GB
サーバー(64bit OSのみ)
CPU: Multi Core 2.4 GHz以上(Core i5以上)
RAM: 8GB
機能/制限値
メッセージ数
メッセージテキスト
(文字数)
アラームログ
メッセージの持続的負荷、最大
メッセージバースト、最大
150.000
10x256

500,000メッセージ※1
中央アーカイブサーバ:100/s サーバ/シングルユーザーステーション:10/s
 
中央アーカイブサーバ:5分ごとに15,000/10s サーバ/シングルユーザーステーション:5分ごとに2,000/10s
アーカイブ
アーカイブデータポイント
アーカイブタイプ
データ格納フォーマット
秒あたり測定値の数、最大
 
サーバあたり最大120,000※2
長期アーカイブ保存付き/なしの短期アーカイブ
Microsoft SQL Server 2005 SP2(WinCCの出荷範囲に含まれます)
中央アーカイブサーバ:10,000/s サーバ/シングルユーザーステーション:5,000/s
ユーザーアーカイブ
アーカイブ(レシピ)
ユーザーアーカイブあたりデータレコード数
ユーザーアーカイブあたりフィールド数
 
システムに依存※1
65,536※3
 
500※4
グラフィックシステム
画面、オブジェクト、およびフィールドの数
 
システムに依存※1
PowerTag数 サーバあたり256k※4
トレンド数
表示あたりトレンドビュー数
トレンドビューあたりトレンド数
 
25
80
ユーザー管理
ユーザーグループ数
ユーザーの数
オーソリゼーショングループ数
 
128
128
999

 

SIMATIC WinCC V7.4
ランタイム言語 システムに依存※1
レポート数
メッセージシーケンスレポート数(同時)
メッセージアーカイブレポート数(同時)
ユーザーレポート数
レポートあたりタグ数
 
サーバ/シングルユーザーステーションあたり1
 
3
システムに依存※1
 
システムに依存※1
マルチユーザーシステム
サーバ数
オペレータステーション付きのサーバ用クライアント数
オペレータステーションなしのサーバ用クライアント数
 
18
4
 
50 のWinCCクライアント+3のWebクライアントまたは50のWebクライアント+1のWinCC クライアント

 

※1使用可能な格納スペースに依存
※2ライセンス供与されたアーカイブタグの数に依存
※3フィールドの数とデータレコードの数の合計が、値320Kを超えてはいけません
※4ライセンス供与されたパワータグの数に依存

  • WEB会員募集 会員様限定のお得情報をご案内!

    無料会員のご登録を頂きました方には、
    当社より会員様限定のお得な情報を
    ご案内させていただきます。