CEマーキング適合
制御盤をご検討の方

制御盤のCEマーキングの
総合支援を行っています

設計段階からCEマーキング表示までの総合的な技術支援サービスを提供します。
ヨーロッパへの輸出をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。
EMCサイト試験の様子
CEマークとは…

CEマークは、ヨーロッパの法律、該当する指令に適合していることを表すマークです。
欧州指令に適合した証として、製品に表示・貼り付けを行います。

CEマーキングとは… 欧州連合(EU)において、適用される法的規制(EC指令)のすべてに適合していることを示す表示で、表示されたもののみがEU域内での自由な流通を認められます。 EU域内に機器を輸出するためには、それぞれの機器に適用されるEC指令(機械指令、低電圧指令、EMC指令、R&TTE指令、医療機器指令など)のすべてに適合させ、適合宣言(書)の上で、CEマーキングをしなければなりません。

CEマーキングのPOINT

  • 製造者自らが対応し、自らが判断する「自己宣言」である。
  • 最終的な責任は試験機関ではなく「製造業者」にある。
  • 顧客に対する製品の「安全・健康等を補償するもの」である。
  • ヨーロッパに輸出をする際には「CEマーキングの取得」が必要である。
CEマーキングを表示するための欧州指令は20種類以上ありますが、その製品がどの法律に関連するかを調べ、その指令に適合させ、適合宣言書を作成して欧州に出荷する必要があります。

欧州指令の種類をご紹介

欧州指令の種類(例)
  • EMC指令
  • 圧力機器指令
  • 機械指令
  • 医療機器指令
  • 無線機器指令
  • RoHS指令(2)
  • 低電圧指令
  • REACH規則
一般的な電気・電子機器は、低電圧指令、EMC指令、RoHS指令(機械指令、無線機器指令)に該当すると考えられます。製造者は、製品が適用を受けるすべての指令の必須要求事項を満たすための評価を事前に行った上で、製品にCEマークを貼付しますが、そのCEマーキングの根拠となるのが「テクニカルファイル」と「EC適合宣言書」です。これらは規制当局が製品を監査する際に必要な書類です。

CEマーキング対応 全体のスケジュール例(全体で約6ヶ月)

  • 初回コンサルティング(訪問1日) CE規格に基づく、EMC指令等の対応、製品対応における基本的な知識を学んでいただき、設計に入る準備をしていただきます。
  • 初回製品設計 (お客様にて対応) 初回コンサルティングに基づき、基本製品設計を実施していただきます。不明点があれば、支援を実施します。
  • 設計デザインレビュー(訪問1日) 基本設計をいただいたものに基づき、CE規格に適応しているか確認します。
  • 本設計及び確認 (お客様にて対応) デザインレビューの対応に基づき、本設計を実施していただきます。
    不明点があれば、支援を実施します。
  • 製品製作(お客様にて対応) 製品製作を実施していただきます。
  • 試験前製品確認(訪問1日) 本試験前の事前製品確認を実施します。 事前にいただいた資料の査読結果の報告と修正・加筆要事項の説明を実施します。
  • 手直し・修正 (お客様にて対応) 事前製品確認の内容に基づき、製品の手直しをしていただきます。
  • CE機械指令 EMCサイト試験(4日間) 本試験を実施します。EMCサイト試験、機械指令対応電気安全試験を行います。技術文書(テクニカルドキュメント)作成の為、最終的なヒアリングをさせていただきます。
  • 技術文書作成 試験結果とヒアリングの内容に基づき、技術文書(テクニカルドキュメント)の作成を行います。
  • 最終書類及び適合宣言書提出 技術文書および適合宣言書の提出を行います。

お客様のご要望に合わせてご提案をさせて頂きます。
まずは、お問合せにてお話をお聞かせ下さい。