SIMATIC S7-400H

二重化システム

SIMATIC S7-400Hシリーズ
シーメンスPLC S7-400H リダンダントシステムで稼動停止が出来ない設備への対応が可能です。

リダンダントシステム(二重化システム)

  • S7-400H リダンダントシステムは SIMATIC の最大の特徴であり、イベント同期方式はシーメンス独自の機能です (外部 I/O へのアクセスや割り込み処理があった時のみ CPU 間の同期を取る方式)。 また機能の先進性ばかりではなく、リダンダントシステムの本質である信頼性についても、 多くのお客様の実績によってさらに裏付けを重ねております。 2 つの CPU が同期して稼動しているため、CPU の異常時も切り替えという処理が不要です。 従って、短時間の運転停止も許容されないようなアプリケーションでも安心してお使いいただけます。
  • CPU メモリ容量、通信インターフェースなどの種類に応じて、4 種類の CPU モジュール製品群をラインナップしております。 エネルギー(発電、送配電)、石油・ガス、化学、製紙、製鉄、金属、水処理などの各種プロセス系産業をはじめ、輸送(トンネルコント ロール、マリーンオートメーション)、空港施設(滑走路照明、バゲージハンドリング)など高信頼性が強く要求されるアプリケーションに ご使用いただけます。

ハードウェアの二重化

  • S7-400H のシステムは、2 台のリダンダント CPU と電源、CPU 間 の 同 期ケーブル、PROFIBUS/PROFINET と、 その PROFIBUS/PROFINET に接続するリモート I/O(ET 200M)から構成されます。 つまり、各リモート I/O が、同期の取られた2 台の CPU の両方に接続されている状態です。 2 台の CPU と電源は UR2-H というリダンダントシステム専用のラックに取り付けられます。 CPU 間の同期は、2 対のシンクケーブル(光ファイバーケーブル)と 4 個のシンクモジュール(CPU に挿すシンクケーブル用 ポート)によって行われます。 PROFIBUS は各 CPU の DP ポートに接続します。 PROFIBUS により接続されたリモート I/O には、2 つの電源と 2 つの PROFIBUS インターフェース IM 153-2 が装着され 二重化バスを構成します。PROFINET は各 CPU の PN ポートに接続します。 PROFINET により接続されたリモート I/O には、1 つの電源と1 つの PROFINET インターフェース IM153-4 が装着され、 1 本の PROFINET が両方の CPU に接続されるリング構成となります。 I/O はアクティブバスを使用することにより運転中のモジュール交換が可能です。任意の I/O モジュールを使用したシングル I/O 構成と同一の I/O モジュールを 2 枚または 3 枚使用した二重化または三重化 I/O 構成が可能です。

イベント同期方式

  • イベント同期方式とは、基本的にはスキャンの最後まで I/O やデータの同期を待つのですが、スキャン中の外部 I/O へのアクセス(アナログ入出力など)があった時、また割り込み処理が かかった時にも同期を取るというものです。この方式によれば、I/O の更新遅れをなくし、かつ同期によるスキャンタイムの延長を最小限に抑え、リダンダント制御を最適化することができるわけです。

SIMATIC S7-400H

製品名 CPU412-5H
PN/DP
CPU414-5H
PN/DP
CPU416-5H
PN/DP
CPU417-5H
PN/DP
外形寸法 50×290×219 50×290×219 50×290×219 50×290×219
型式 6ES7412-
5HK06-0AB0
6ES7414-
5HM06-0AB0
6ES7416-
5HS06-0AB0
6ES7417-
5HT06-0AB0
処理時間(最速) ビット操作 31.25ns 18.75ns 12.5ns 7.5ns
ワード操作 31.25ns 18.75ns 12.5ns 7.5ns
浮動少数点演算 31.25ns 18.75ns 12.5ns 7.5ns
ワークメモリ
(データ、コード)
1MB 4MB 16MB 32MB
ロードメモリ 512KB 512KB 512KB 512KB
DI/DO点数 ローカルのみ 65,536 65,536 131,072 131,072
ローカル+リモート 65,536 65,536 131,072 131,072
AI/AO点数 ローカルのみ 4,096 4,096 8,192 8,192
ローカル+リモート 4,096 4,096 8,192 8,192
タイマ点数 2,048 2,048 2,048 2,048
カウンタ点数 2,048 2,048 2,048 2,048
DB(データブロック)
総数
6,000 6,000 16,000 16,000
FB(データブロック)
総数
3,000 3,000 8,000 8,000
FC(データブロック)
総数
3,000 3,000 8,000 8,000
内部データ領域(バイト) 8192
(MB0~MB8181)
8192
(MB0~MB8181)
16383
(MB0~MB16383)
16383
(MB0~MB16383)
通信インターフェース MPI/DP,
DP PN(2ポート)
MPI/DP,
DP PN(2ポート)
MPI/DP,
DP PN(2ポート)
MPI/DP,
DP PN(2ポート)

製品案内