点検整備/予防保全

点検整備/予防保全

ドライブ・モーター・HMI
点検は、設備の実際の状態を評価するための基本です。
これには、摩擦の原因の評価と適切なメンテナンス対策のデモンストレーションが含まれます。
最良の結果を得るために、エキスパートがすべての検査間隔を各ドライブの特定の動作条件と環境に適合させます。

ドライブの予防保全

点検は、設備の実際の状態を評価するための基本です。 これには、摩擦の原因の評価と適切なメンテナンス対策のデモンストレーションが含まれます。 最良の結果を得るために、エキスパートがすべての検査間隔を各ドライブの特定の動作条件と環境に適合させます。

すべてのドライブ装置に、お客様とお打ち合わせしたメンテナンス内容を、エキスパートが検査またはチェックする必要があります。 点検には、以下が含まれます。

  • ●現状の稼働状況確認
  • ●設備と機器の状態の確認
  • ●保守の必要な箇所の分析と評価
  • ●必要なメンテナンス対策の提案

モータの予防保全

点検は、設備の実際の評価をするための基本です。 これには、摩擦の原因の評価と適切なメンテナンス対策のデモンストレーションが含まれます。 最良の結果を得るために、すべての検査間隔を各モータ特定の動作条件と環境に適合させます。

すべてのモーターに、お客様とお打ち合わせしたメンテナンス内容を、検査またはチェックする必要があります。

  • ●現状の稼働状況確認
  • ●規定に従った検査を実施:速度、モータートルク、消費電力、騒音
  • ●エラーの解析
  • ●保守の必要な箇所の分析と評価
  • ●必要なメンテナンス対策の提案

IPCの予防保全

IPCには、下記のような定期交換推奨品が使用されています。

  • ●HDD,SSD
  • ●冷却ファン
  • ●電源
  • ●液晶バックライト

これらの設備の点検などに合わせて、予防保全的に交換することにより突発的な故障を防ぐことができます。

製品案内

                                       
  • CEマーキング適合制御盤をご検討の方
  • Part11対応集中監視システムSCADA
  • SIEMENS PLC 新規導入事例
  • SIEMENS PLC 輸入機改造事例
  • PLC 間通信
  • SIEMENS S5/S7 更新事例
  • マニュアル
  • カタログ
  • CAD&PDF
  • お問い合わせ